ようこそいらっしゃいました。ここは管理人自称、くつろぎの空間です(笑)。イメージは森の中の静かな図書館。ロッジハウスを想像してゆっくりしていかれてください。

洋楽に興味津々

音楽鑑賞が趣味の私ですが、昔から洋楽というものをあまり聴いてきませんでした。なぜかと言われれば特にしっかりとした理由はありませんが、恐らく英語の歌詞が分からないことと、馴染みのあるミュージシャンがいなかったことなどが理由かなと思います。横文字のアーティスト名も覚えられず…挫折しました。それに小さい時からあまり耳にしていなかったように思います。
友達の中に、私とは正反対で洋楽しか聴かない!という女の子がいるのですが、彼女の部屋のCDラックには私の知らない海外アーティストのものがズラリと並んでいます。流れている音楽も私は全然分からなく、あまり気に留めたこともありませんでしたが、最近少しずつ興味をもつようになってきました。これまた興味を持った理由は特にありませんが、洋楽を聴いてみたいと思い友達におすすめを教えてもらいました。私はまだ洋楽デビューしたばかりなので、どんなアーティストが好きだとかどんなジャンルが好きなどは分からない手探り状態ですが、これからもっと広く洋楽を聴くようにしていきたいと思います!国内だけでなく世界中の流行をしっかりキャッチして行かないと、きっと今後恥ずかしい思いをするのではないか…と思うのでその前に網羅できるようになるのが目標です!

花粉症対策は重要みたいです

昨日美容院で読んだ雑誌に書かれていたんですけど、花粉症にはヨーグルトがいいらしいですよ!症状が改善したり、出なくなったっていう人も居るみたいです!私は幸いなことに花粉とは良好な関係を築けているので特に今のところ必要ないんですが、周りにかなり多いんですよね。マスクが手放せない、ポケットティッシュじゃ足りないから箱ティッシュを持ち歩いているなんていう人も多いので、辛そうだなあって他人事のように感じてます(笑)
以前は春だけっていうイメージだったんですけど、実は一年中あるみたいですね。冬場だけが救いなんていう人もいますけど、花粉症の症状が重い人ってかなりの確率で鼻炎もちだったりするので、冬場は冬場で鼻炎が…なんていう人も多いようです。
ヨーグルトを食べれば治る!とかって勘違いしている人も中には居るみたいですけど、雑誌を読む限りただ食べるだけではだめなようです。一日数回、毎日食べることを最低でも3ヶ月とか続ける必要があるみたいで、そう聞くとちょっと大変そう。でも、腸の調子を整えて悪いものを体の中から出して免疫力をあげることで症状が改善するようなので、花粉症以外にも効果がありそう!
何よりも女性にとって一番大切なお肌の調子にも影響がありそうですよね。季節の変わり目とか、ついついあれがちなお肌のためにも、私もヨーグルト生活始めてみようかな。毎日継続するのって、意外と忘れてしまうんですよね(笑)

手作りのカレンダー

職場の同僚が退職することになったので、餞別として手作りカレンダーをプレゼントしました。なぜ手作りのカレンダーなのかというと、以前に会社のデスク付近にあるカレンダーが無くなってしまったことがありました。急遽私が画用紙に色えんぴつで手書きのカレンダーを作ったのです。しかしそれが社内で好評になり、それ以降カレンダーは毎月私の手書きになりました。そのときにその同僚は、ひどく私のカレンダーを気に入ってくれていたのです。なので今回の餞別はこれにしようと決めていました。
私の作るカレンダーには楽しさが含まれています。まず、1月なら1月のその人の星座の運勢が書かれています。カレンダーを見ることでその運勢の注意することなどが思い出せるし、こうした遊び心が大切かなと思いました。またその季節に合わせたイラストも書いてあります。夏はスイカ、冬はサンタさんなどです。大の大人へのプレゼントですが、なんだか作っているうちにどんどん書きたくなってしまったんです。
それを1年分、同僚にプレゼントすると、笑っていましたがとても喜んでくれました。こんな餞別品は初めて貰ったと言って、大笑いしていました。思い出や記念になればいいなと思いました。

お風呂上がりのアロマリラックス

私は昔から冷え性に悩まされています。とくに足先や手先が冷たくなる末端冷え性なので、冬の寒い日は足がとても冷たくなります。暖房をつけていても足は冷たいし、モコモコあたたかい靴下をはいても、それでもまだ足は冷たくて本当に困っていました。
そんなあるときに、足をボディーオイルでマッサージして血行を良くするといいのでは?と知人に聞いたのでさっそく試してみました。柑橘系のグレープフルーツの香りのオイルで足全体を揉んだりしていると足がホカホカしてくるし足つぼも刺激されてとても気持ちよかったです!ついでに足先から太ももまで手で念入りにオイルで揉みほぐすと、足がすっきりして翌朝もむくみが全くなくなっていました!これはいいかも!と思って、それから足のマッサージを日課にしました。朝になると足がすっきりしていてとても気持ちよく、気分がよくなります。徐々にお腹のマッサージや首回りのデコルテまで揉みほぐしていくようになり、少しずつだけどお腹のくびれもできてきたし、デコルテも前よりくっきりしてきたのが分かりました。
毎日のお風呂上がりの日課になりつつあるこのアロママッサージタイムは、今では欠かせないリラックスタイムになっています。

おじいちゃんおばあちゃん

先日、久々に祖父と祖母に会いに行きました。約3年ぶりに会いましたが二人ともまだまだ元気だったので、ホッと安心しました。祖父も祖母も小さい頃から離れて暮らしていたので会えるのは年に1回ほどでしたが、昔から会うと、変わらず元気に私と遊んでくれました。地方の田舎に暮らしているので、庭は広く、畑も田んぼもあります。なので遊ぶ時は自然いっぱいの中で走り回っていました。畑にできた野菜の収穫を手伝ったり、田植えや稲刈りも手伝いました。今となってはちゃんとした手伝いはできていなかったのだろうけど、当時は子供ながらに一生懸命にお手伝いをしていました。それが楽しくて仕方がなかったのを覚えています。
今は祖父や祖母と離れて暮らし、会いに行くのも2〜3年に1度ほどなので、会うととても喜んでくれました。ちゃんと私の顔も覚えてくれていてホッとしました…。私の生活のことや仕事はどんなことをしているかなど話をして、体に気をつけて元気でいてね、しっかりご飯を食べてねとねぎらってくれました。私もいつまでも元気でいてねと伝え、一緒にお茶を飲みました。これからはもう少し多い頻度で会いに来れるようにしようと思いました。いつまでも元気でい長生きして欲しいです。

どうしても納得できないこと

「ゆき」という動揺がありますよね。雪やこんこ、あられやこんこっていうあれです。私、あの歌でどうしても納得できないところがあるんですよね。
というのは、「犬は喜び庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる」という歌詞。誰もが納得する内容ですよね。絵本や小説なんかでも、猫は丸くなって寝ている姿が良く描かれていますし、犬はどんなときも楽しそうに外で遊んでいるイメージがあります。でも、そうとばかりもいえないと思うんです!
現に、私の実家の猫は丸くなって寝ることがありません。いつもごろんと横になり、体を長く伸ばして寝ています。その話を友達にすると、「寒いときは丸くなるんじゃない?」と言われるんですが、実家の子は寒いときも丸くはならないのです!
では寒いときはどうするのかと言うと、コタツに入ったり、誰かが寝ている布団にもぐりこんだり、みんなが起きているときにはどこかしら暖かいところを探して、やっぱり横向きに寝るのです。母は「あの子は自分のことを人間だと思っているんだと思うよ」と笑います。
さらに私の実家では昔犬も飼っていたんですが、その子はとってもおとなしい子で、雪が降ってもどんなときでもはしゃいで駆け回るということをしなかったんですよね。なので、私はあの歌詞がどうしても納得いかないのです。
「あくまでイメージだから、大体の犬や猫は、そんな感じだよ」と友達は言いますが、我が家の犬や猫は該当しないようです。

こたつという魔界から抜け出せない

私はどうも昔から自分に甘いところがあります…。というのも、冬になるとこたつから抜け出せなくなり、休日には最低限しか出てこず、一日だらだらと過ごしてしまうのです。
生まれ育ちが冬場は寒い地域なので、こたつは昔から家に必ずありました。子供の頃は雪ん子になって、寒くても関係なく外で元気に遊んでしました。家にあったら入っていましたが、なくても平気だったのだと思います。それが今ではそうもいかず、少し寒いだけでもうそこから動けなくなっています。仕事帰りの平日は、気がつくとこたつに入ったまま眠ってしまっていることも何度もあり、夜中に目が覚めてベッドに移動するということもしばしば。疲れているときは朝までそのまま気がつかずにそこで眠ってしまうこともあり、朝起きると体中がひどく痛いこともよくあります。風邪を引きやすくなることもあり、布団以外の場所で眠るのは控えようと思っていても、この魔界からはなかなか抜け出せません。あと10分だけとか、このテレビを見終えたらとか、時間制限を決めても気がつけばこたつに居続けてしまう。ちなみにいまも入っていますし…。取り払う勇気もなく、冬場は仕方ないと考えた方がいいのかもしれません。

映画漬けの毎日

私は映画が大好きで、しょっちゅう映画館に足を運びます。週末とレディースディの仕事終わりに行くこともあるので月間でいうと6〜7本は見ていると思います。さらに古い作品を見たりお気に入りを見るときはDVDを借りてきて見るので多いときは月間で15本ほどみるときもあります。年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休は予定がない日はずっと家の中で一人DVDを見ているときもあります。ここまで映画漬けの日々を過ごすようになったのは3年ほど前からです。たまたま行われていたショートフィルムの上映会に参加したことがきっかけでした。若いクリエイターや監督が、5分から15分位までの短い作品を持ち寄り上映していました。そのときに10作品ほどのショートフィルムを見たことで、いっきに映像世界に興味をもちました。自分で撮影してみたいと思って携帯カメラで作品を作ったこともありましたが、作ることは難しく思い描くような作品は作れなかったので、制作は諦めてひたすら見ることに専念しました。それから映画を見続けないと毎日がしっかりと回っていない気がするほど、私の生活の一部に映画はなってきました。今後もこのままのペースで見て知り続けて行きたいです。

図書館が賑やかな日

土日の昼間に図書館に出掛けると、子供たちの姿を多く見かけます。友だちと連れ立って来ている子供たちや、親子連れなど。静かなイメージの図書館が、少しだけ賑やかになります。
昔は、それがちょっと苦手でした。できれば静かな環境で読書したいなと思っていたので……。ついつい話に夢中になってしまって大きな声になってしまう女子小学生の群れだとか、急に大声を上げて泣き出す幼児などが、本当に苦手でした。口に出しはしませんでしたが、ピリッとしたオーラのようなものは出していたのではないかと思います。ふと顔を上げただけで怯えられたことが何度かあるので。……あれ、もしかして顔に出てたってだけ?
ともあれ、慣れた今となってはほとんど気になりません。できるだけ静かにするのがマナーだとは思いますが、以前ほど悪感情を抱くことはなくなっています。年の功でしょうか。なんて言うと一気にババくさくなっちゃいますけれども。
ああやってちょっとルールを逸脱しても許される時代というものが、まぶしく思えるようになったからかもしれません。友だちと連れ立って夢中でコイバナしたり、泣きたいときに泣いて母親が慰めてくれたり等。たまに図書館の職員さんがカウンターから飛んできて、やわらかな口調で注意することがあります。微笑ましい光景です。

ふかふかもこもこ

先日、お気に入りのブランケットを買いました。元々ブランケットがずっとほしくて探していたのですが、なかなか良いと思えるものが見つからずにいました。理想では、白色系統でモコモコとふわふわが兼ね備えてあって暖かさ抜群なことです!その理想のブランケットが先日とうとう、近所の雑貨屋さんで見つかったのですかさずに購入しました。
今までは家で読書しているときに寒くなると毛布を引っ張りだしてきてかぶっていましたが、どうも毛布じゃ雰囲気がでないな…と感じていたのです。なのでかわいくて機能もいいブランケットを一枚探していました。
ただの布切れだと思っていましたが、ブランケットは本当に万能です。ちょっと寒いな、と感じたときに膝かけにして読書をしたり、パソコンで調べものをしているときなどにも使っています。なにしろかわいくて気に入った物が一枚手に入ったことが一番嬉しい気持ちにしてくれます。身の回りの物は自分の気に入ったものを使うに限りますね。このことから、職場で使うブランケットも同じものを購入しました!家でも会社でもいつもふかふかモコモコで、常に眠くなりそうです…。実家にいる犬のふかふかの毛を思い出して癒されたりもしています。寒い日はこれが手放せない!!

森の図書館 is powered by Wordpress | WordPress Themes